テスラ社の自動運転による死亡事故 トヨタが危惧するEV拡大の脅威と未完成な自動運転の脅威

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

日本ではHV(ハイブリッド)の比率が伸びていますが、世界に目を向けるとEV(電気自動車)による次世代自動車産業の覇権をめぐる戦いが始まっています。

 

また、EVと並行して開発が進められているのが自動運転です。

 

しかも、想定されているのは完全自動運転(ハンドルやペダルがなく完全に人が運転する必要がない)です。

 

そんな中、EVの先駆者であるテスラ社が自動運転による死亡事故を起こしたため、より自動運転の安全性が徹底されていくのは間違いない状況です。

 

それでは、「テスラ社の自動運転による死亡事故 トヨタが危惧するEV拡大の脅威と未完成な自動運転の脅威」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

EV拡大による脅威は日本の自動車メーカー存続の危機、すなわち日本主要産業の危機です。

 

未完成な自動運転による脅威はいうまでもなく死亡事故です。

 

テスラ社の自動運転による死亡事故はどうして起きてしまったのか

 

まず、前提として頻繁に事故が起きているわけではないので様々な条件が悪く重なったと考えるのが普通です。

 

ですが、何かしらの原因があるのは事実です。

 

自動運転で重要視していることの一つに「レーザー光」があります。

 

レーザー光は人間の目のような働きを担っています。

 

しかし、テスラ社はそれを採用していません。

 

レーザー光が自動運転の事故を100%防ぐとは言い切れませんが、実際使用していないことで事故が起きてしまったため、原因の一つと考えられます。

 

では、テスラ社はレーザー光を採用しない代わりに何を採用しているのでしょうか。

 

答えは「オートパイロット」と呼ばれる自動運転システムを採用しています。

 

詳しくいうと、実際に走っている車(オートパイロット搭載車)がどんな状況でどのように走っているのかを収集し、それを元に改善するシステムのことです。

 

まだまだ収集されたデータが少ない、つまりシステムが完全ではないがゆえに起きてしまった事故ということです。

 

簡単にいえばまだまだ自動運転は完成されていないということです。

 

当然事故の責任はテスラ社にあるのですが、もしかしたら人間が自動運転を過信したために起きてしまった事故なのかもしれません

 

EVとはそもそもどういう車なのか

 

「EVと従来の自動車で大きく違うところは何ですか」の答えとしてすぐに浮かぶことはエンジン(ガソリン)で動くかモーター(電気)で動くかだと思います。

 

そのためEVはエンジンや吸気系・排気系などの機械装置・部品が不要となります。

 

もちろん変速機も必要ありません。

 

そのため車体はかなり軽量になります。

 

替わりに電気モーター、車載用電池などの電気電子系部品が必要になります。

 

また、「EV=自動運転」の流れが世界の主流になりつつあります。

 

そうなれば、AI用の半導体、高精度地図、カメラ、レーザー、音認識AIなどの最先端テクノロジーの搭載が必須となります。

 

単純にこれだけでもEVは従来の車とは違うといえると思います。

 

さらにいえば、車という「ハード」の買い替えではなくユーザーが選択し組み合わせる「ソフトウェア」が車の機能性や用途を決定付けることになります。

 

スマートフォンで言えば好きなアプリをインストールする感覚です。

 

ソフトウェアで必須なのがアップデートですが、これについては充電ステーションで急速充電と同時にできるように開発が進められています。

 

従来の車では所有することに価値があったり、運転そのものを楽しむなど移動手段の枠を超えたものがありましたが、EVでは単に移動手段だけとなりそうです。

 

ただ、電車やバスとは違いプライベートの空間があるため、その空間でどう過ごすかに価値がシフトするのかもしれません。

 

EVの先駆者であるテスラ社はどんな会社なのか

 

創業は2003年とそれほど最近ではないです。

 

売上の規模を実感しやすいように同じ国(米国)の会社で比較してみるとフォード1567億ドル、GM1445億ドル、テスラ117億ドルです。

 

まだまだ従来の自動車メーカーには程遠い数値です。

 

続いて時価総額で比較してみるとフォード438億ドル、GM527億ドル、テスラ505億ドルです。

 

この数値から世界の投資家はテスラ社の成長性が高いと判断していることが分かります。

 

ちなみに上場は2010年です。

 

販売車両は「ロードスター」「モデルS」「モデルX」「モデル3」の4車種です。

 

ロードスターは2008年に「超高級スポーツカー」として誕生しました。

 

価格は1000万円以上で最高時速は400km以上、1回の充電で1000kmの走行が可能なEVです。

 

モデルSは2012年に「一般向けの高級セダン」として誕生しました。

 

モデルXは2015年に「高級SUV」として誕生しました。

 

そして、モデル3は2017年に「初の大衆車」として誕生しましたが、量産が軌道に乗らず苦戦中です。

 

販売方法はディーラーを通さず直営店とインターネットによるダイレクト販売です。

 

これが「外部ディーラーの存在価値が脅かされることになる」として全米ディーラー協会がテスラ社に訴訟を起こしています。

 

また、マスメディア広告は一切打たずCEO自らSNS上で情報発信をして販売促進しています。

 

以上を踏まえると今までにない斬新な会社のため相当の利益を上げているように思いますが、黒字になったのは過去一度きりです。

 

さらに言えば、17年度の最終損益は過去最大の19億ドルの赤字です。

 

つまり、モデル3の量産に失敗しかつ事故の相次いだ状況から判断すると今まさに存続の危機にさらされています。

 

それでも企業価値としては十分高いため、どの企業がどんな風に救済していくのかが注目されています。

 

ちなみにトヨタは救済から身を引きました。

 

EV拡大の脅威

 

必然的に会社は時代の流れに逆らうことなく変わっていきます。

 

ですが、我が国日本の製造業においては少し違います。

 

なぜなら、日本の自動車関連産業就業人口は日本の就業人口の8.3%(530万人)であり、主要製品出荷額の2割(53兆円)と極めて高いからです。

 

今や世界のトヨタといわれるほどに成長した大企業でさえもEVに至っては出遅れています。

 

トヨタ自動車の17年度最終損益は過去最高でしたが、豊田章男社長は決算発表会見で「トヨタは変わる準備ができた」と表現していました。

 

おそらく「トヨタグループの維持ということではなく、テクノロジー分野への投資の準備ができた」ということだと思います。

 

出遅れているとはいってもテスラ社の状況を踏まえると、まだEVのみでの成功はどの会社もできていないのが現状です。

 

また、解決すべき問題として安全性の徹底はもちろんのこと、サイバーセキュリティ対策、保険による補償範囲の決定などがあります。

 

その中でもテスラ社の死亡事故によってより注目されることとなった安全性に関していえば日本は得意分野のはずです。

 

この分野で日本は引き続き「自動車大国」であり続けられると確信しています。

 

 

まとめ

テスラ社の自動運転による死亡事故 トヨタが危惧するEV拡大の脅威と未完成な自動運転の脅威とは

 

  • EV拡大によりトヨタグループ存続の危機、言い換えれば日本の主要産業の危機

 

  • 未完成な自動運転の脅威は死亡事故

 

  • 死亡事故の原因の一つとしてレーザー光ではなく未完成なオートパイロットを採用していること

 

  • EV=自動運転の流れにより最先端テクノロジーが必要不可欠

 

  • EVは単なる移動手段であり従来の価値はなくなる

 

  • EVはディーラー不要でインターネットによるダイレクト販売が主流 

 

  • EVのみで利益を上げている会社は皆無

 

  • EVでも日本の得意分野である安全性で勝負

 

 

「保険料の節約」してみませんか?

「テスラ社の自動運転による死亡事故 トヨタが危惧するEV拡大の脅威と未完成な自動運転の脅威」について納得していただける記事内容でしたでしょうか?

 

少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

 

保険をすべて理解することは難しいですが、疑問に思っていることを解決したり、少しでも知識を得ることが、保険料の節約につながる場合があります。

 

必要な補償のための保険料ならいいのですが、不必要な場合はムダになります。

 

また保険の自由化により、まったく同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

 

このような事実から考えてみても、一度契約中の保険の内容を見直す価値は十分にあります。

 

さらにいえば、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことも必要になるかもしれません。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



人気の投稿とページ
カテゴリー




無料メール登録

メールアドレスを登録すれば、ブログ更新のお知らせをメールで受信できます。

ページの先頭へ