対人・対物賠償の理解が補償全体を見直す大前提となる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

保険の節約を考えるとき、まず最初に考えることは今現在の保険の内容を把握することです。

 

次に、自分にとって必要な補償が何なのかを考えていきます。

 

その際、本当に必要な補償を理解するためには、対人・対物賠償保険を理解することがとても重要です。

 

なぜなら、それを理解することで人身傷害や車両保険の必要性が見えてくるからです。

 

それでは、「対人・対物賠償保険の理解」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

まずは自賠責保険

 

自賠責保険とは、車を所有する際に法律で必ず加入が義務付けられている、いわば強制加入の保険です。

 

自動車保険はこの自賠責保険と任意保険の2つがあります。

 

なぜ、自賠責保険だけでなく任意保険が存在するのかというと、自賠責保険だけでは補償が足りないことがあるからです。

 

自賠責保険の支払い限度額は

 

  • 死亡事故…被害者1名あたり3,000万円
  • 重度後遺障害…被害者1名あたり4,000万円
  • ケガ…被害者1名あたり120万円

 

となっています。

 

確かに足りない場合があることが想像できます。

 

この足りない補償額を補う必要があるため、どうしても任意保険の加入が必要になります。

 

対人賠償保険とは?

 

対人賠償保険とは

 

契約車両の事故により、他人を死亡させたりケガをさせて、法律上の賠償責任を負う場合、相手方1名について保険金額を限度に自賠責保険等で支払われる部分を除いた保険金を支払う

 

保険です。

 

上記の文章を確実に理解することがとても大切です。

 

なぜなら、このことが保険全体を見直すことになり、最終的には節約につながるからです。

 

では、細かくみていきたいと思います。

 

「契約車両の事故」とは?

 

保険証券に記載されている車両のことを指します。

 

つまり、契約車両以外の事故では保険金は支払われません。

 

*厳密にいうと、一時的に借りた車両での事故の場合は「他社運転危険補償特約」により補償されます。

 

「他人」とは?

 

被保険者はもちろんのこと、被保険者の配偶者や子、父母(以下家族として扱います)においても他人とみなしません。

 

つまり、本人を含めた家族が死亡したりケガをしても保険金は支払われません。

 

*厳密にいうと、本人を含めた家族は「人身傷害保険」や「搭乗者傷害保険」で補償されます。

 

なぜ、保険上では家族を「他人」とみなさないのか?

 

答えは、保険金詐欺を防ぐためです。

 

対人賠償保険においては、まったくの赤の他人でなければ保険金の支払いはありません。

 

「相手方1名につき保険金額を限度に」とは?

 

事故によっては、複数の被害者を出してしまう場合もあり得ます。

 

その場合は、1名それぞれにつき、設定した保険金額を限度に保険金を支払います。

 

以上のことから、対人賠償保険を理解することで他の補償が必要かどうかや、それぞれの補償の範囲が「はっきりした」のではないでしょうか?

 

対物賠償保険とは?

 

対物賠償保険とは

 

契約車両の事故により、車や塀等の他人の財物を壊し、法律上の賠償責任を負う場合、1事故において保険金額を限度に保険金を支払う

 

保険です。

 

では、細かくみていきたいと思います。

 

「他人の財物」とは?

 

「他人の財物」における「他人」は、対人賠償保険と同様です。

 

つまり本人を含めた家族の所有、使用または管理する財物の損害では保険金は支払われません。

 

*厳密にいうと、車に関しては「車両保険」、車内の日用品に関しては「車内携行品補償特約」により補償されます。

 

「1事故において保険金額を限度」とは?

 

事故によっては、複数の賠償責任を負う場合もあり得ます。

 

その場合は、設定した保険金額を限度に対物賠償の総額を保険金として支払います。

 

対物賠償で補償される損害とは車はもちろんのこと、店舗、信号機、ガードレール、さらには休業損害、営業損失、電車の運行損害なども含まれます。

 

ただし、相手の車の補償においては、過失割合を乗じたその車の時価額までしか補償されません。

 

特に古い車の場合は、時価額を超える修理費が発生します。

 

その際、差額分を負担しなければならないときに役立つ「対物超過修理費補償特約」があります。

 

この特約は必要性が高いため付けておくことをお勧めします。

 

 

まとめ

対人・対物賠償保険とは

 

  • 自賠責保険で足りない補償額を補う

 

  • 本人を含めた家族の死亡やケガは対人賠償保険では補償されない

 

  • 1名それぞれにつき設定した保険金額を限度に補償

 

  • 本人を含めた家族の所有、使用または管理する財物の損害は対物賠償保険では補償されない

 

  • 設定した保険金額を限度に対物賠償責任の総額を補償

 

 

「保険料の節約」してみませんか?

「対人・対物賠償保険の理解」について納得していただける記事内容でしたでしょうか?

 

少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

 

保険をすべて理解することは難しいですが、疑問に思っていることを解決したり、少しでも知識を得ることが、保険料の節約につながる場合があります。

 

必要な補償のための保険料ならいいのですが、不必要な場合はムダになります。

 

また保険の自由化により、まったく同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

 

このような事実から考えてみても、一度契約中の保険の内容を見直す価値は十分にあります。

 

さらにいえば、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことも必要になるかもしれません。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



カテゴリー




ページの先頭へ