年齢条件の変更や運転者限定を考えないのは損ですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

保険料の数字は、年齢条件と運転者の範囲がかなり影響してきます。

 

保険料節約の前に絶対に考えるべき項目です。

 

それと同時に、契約内容を確認することもとても大切です。

 

今現在の状況(契約後の状況)に合わせた内容を選択することが、結果節約につながります。

 

それでは、「年齢条件や運転者限定」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

年齢条件は保険料にかなり影響する

 

一般的な傾向として、若ければ若いほど事故を起こすことが多いです。

 

つまり、保険を使う機会が多いということです。

 

当然保険会社としては、保険料を高くせざるを得ません。

 

一方、事故が少ないとされている40代、50代を中心に保険料を下げている保険会社もあります。

 

おとなの自動車保険

 

今の自分の年齢を変えることはできないので、若いうちはどうしても高い保険料を払う必要があります。

 

ただ、事故をすることなく順調に更新を続けていけば、確実に保険料は安くなっていきます。

 

ちなみに、保険会社によって多少違いはありますが、年齢条件の区分は以下の通りです。

 

  • 年齢問わず補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

 

事故率の高い年齢は保険料が高く、逆に事故率の低い年齢は保険料が安い傾向がある。

 

運転者の範囲を限定することで保険料を安くする

 

限定するとは、補償の範囲を狭くすることです。

 

補償の範囲を狭くすることで、保険会社としては事故を起こされるリスクが減るので、その結果保険料を安くすることができます。

 

限定の中で一番保険料が安くなるのは、本人限定です。

 

つまり、契約車両を本人しか運転しない場合です。

 

この限定は、本人以外が運転して事故を起こして場合、保険金が支払われないので十分注意してください。

 

ほんの少しでも自分以外(例えば会社の同僚や友人)の人が運転する可能性がある場合は、限定しないことをお勧めします。

 

次に、既婚者であれば奥様もしくは旦那様が運転する機会もあるかもしれません。

 

この場合は、奥様(旦那様)の年齢に合わせる必要があります。

 

もし自分よりもかなり若い奥様(旦那様)であったならば、残念ながら保険料を安くすることは難しくなります。

 

さらに、運転する子供がいる場合はもちろん、子供の年齢に合わせる必要があります。

 

ちなみに、保険会社によって多少違いはありますが、運転者限定の区分は以下の通りです。

 

  • 本人限定
  • 本人・夫婦限定
  • 家族限定
  • 限定なし

 

限定できる範囲をしっかり考えて、保険料を安くしよう。

 

参考までに

 

60代以上の保険料は増加傾向にあります。

 

なぜなら、近年高齢者の事故が増加しているからです。

 

また、18歳を過ぎたらすぐ免許を取って車に乗りたい若者は、減少傾向にあります。

 

一応免許は取ったものの、運転する機会がない(いわゆるペーパードライバー)方も増加傾向にあります。

 

これらによって、自動車保険に加入する人口は減少傾向にあります。

 

つまり、保険会社に入ってくるお金が減ってきているのです。

 

となれば、当然保険料は高くなります。

 

(安くはなかなかできません)

 

このような時代背景によっても、保険料は左右されます。

 

ただ、明るい未来もあります。

 

自動車性能の向上です。

 

代表的なものは、自動ブレーキと自動運転です。

 

*自動運転についてさらに詳しくは下記の記事を参考にしていただければと思います。

 

自動運転の普及により自動車保険は今後どうなる?損害保険会社最大手の東京海上日動が出した結論

 

これらにより事故率が低くなれば、保険料は安くなると思います。

 

最終的に、技術の発展により事故のない世の中になればと願っています。

 

 

まとめ

  • 事故率の低い年齢は保険料が安い

 

  • 補償の範囲を狭くすると保険料は安くなる

 

 

「さらに節約」してみませんか?

節約できることの1つとして紹介してきましたが、もっと根本的に節約できる方法があります。

 

それは、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことです。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:補償 



カテゴリー




ページの先頭へ