自動車保険の特約 多くの人が付けている特約は5つしかない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

保険会社によって様々な種類がある特約にどう向き合えばいいのでしょうか?

 

基本的な補償ほど考える必要はないのでしょうか?

 

また、「価値がある特約」はどうやって判断すればいいのでしょうか?

 

特約を付けることで保険料の「節約」はできませんが、価値のある特約があるのも事実です。

 

それでは、「特約」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

特約の考え方

 

自動車保険において核となるものは「対人・対物賠償責任保険」、「人身傷害保険」、「車両保険」の4つになります。

 

この他に、個々で必要であればつけたすものとして「特約」があります。

 

「特約」は、どの保険会社にも共通している補償内容があります。

 

一方で、共通していない独自の補償内容もあります。

 

では、特約にどう向き合えばいいのでしょうか?

 

まずは、保険の仕組みを考えると分かりやすいです。

 

ある特約があったとします。

 

この特約に価値があり、多くの人が選んだとします。

 

そうなることで、その特約にかかる保険料が安くなります。

 

価値がありかつ保険料の負担が少ないとなれば、ますます選ぶ人が増えます。

 

このようにして、特約は存在感を表していきます。

 

逆に、価値を感じてもらえなかった特約はいずれなくなります。

 

各保険会社は日々、時代に合った特約を考えています。

 

つまり、共通している特約が重要でありさらに自分にとって必要であるか検討することが大切です。

 

多くの特約がありますが、どの保険会社にもある共通の特約にこそ価値があります。

 

価値がある特約とは?

 

まずは一気に書いてみます。

 

「弁護士費用特約」「個人賠償特約」「対物超過修理費用特約」「車両新価保険特約」「ファミリーバイク特約」の5つです。

 

弁護士費用特約

 

保険会社は、「事故を起こしたり起こされた場合、必ず示談交渉してくれる」イメージがあると思います。

 

しかしながら、「もらい事故」のように自分にまったく賠償責任がない場合、保険会社は示談交渉に参加することができません。

保険の性質として、契約者に賠償責任がない場合、関わることができない仕組みになっています。

 

つまり、自分で交渉しなければなりません。

 

結果的に、泣き寝入りするしかない場合も出てきます。

 

そんな場合、弁護士に示談交渉をしてもらうことで、泣き寝入りをしなくてすみます。

 

この場合に、かかった弁護士費用を保険会社が負担してくれるという特約です。

 

参考までに、「もらい事故」についていくつか例を挙げてみます。

 

  • 赤信号で停車中に、後ろから追突された。
  • センターラインをオーバーしてきたため衝突した。
  • 駐車場で駐車していた際に、ぶつけられた。

 

個人賠償責任補償特約

 

この特約は、日常生活の賠償事故を補償します。

 

保険会社によって、違いはありますが

 

  • 保険金額が無制限
  • 示談代行サービス
  • 家族全員が対象

 

などの特徴があります。

 

自動車保険の範囲を大きく超えた部分まで補償してくれるため、心強い特約です。

 

参考までに、いくつか例を挙げてみます。

 

  • 自転車で人にぶつかって怪我をさせてしまった。
  • マンションで、下の階の戸室に水漏れの被害を与えてしまった。
  • 飼い犬が他人に噛み付き、怪我をさせてしまった。
  • ゴルフプレー中に、ボールが他人に当たり怪我をさせてしまった。

 

対物超過修理費用特約

 

対物賠償保険で補償されない時価額を超えた場合、その分を補償します。

 

例えば自分の不注意で相手の車にぶつけてしまった場合のことを考えてみます。

 

自分に過失があるため、相手にしっかり賠償しなくてはなりません。

 

相手の車の修理費が50万円でそのうち対物賠償保険で時価額の30万円補償された場合、差額が20万円になります。

 

この20万円を支払うのがこの特約です。

 

小さい事故でない限り、修理費が時価額を超える場合は少なくないです。

 

ですので、十分に価値のある特約です。

 

車両新価保険特約

 

この特約は、車両保険に加入していてかつ、契約車両が初年度登録から1~5年以内(保険会社によって幅があります)に限ります。

 

通常車両保険額は、時価額によって決められます。

 

この時価額は、年々下がってしまいます。

 

例えば、200万円(車両本体価格)で購入した車に200万円の車両保険をつけていたとします。

 

保険は1年契約の場合が多いので、1年後に契約する際には150万円しかつけられない場合もあり得ます。

 

仕組みは納得できると思います。

 

年数が経てば、価値がなくなっていくのは当然です。

 

では、この価値がしばらくの間下がることなく200万円をキープできるとしたらどうですか?

 

つまり、車両新価保険特約の期間中はずっと200万円が車両保険額ということです。

 

新車を購入する方は、新車に価値を持っています。

 

あってはならないことですが、もし大きな事故を起こし車が大破してしまった場合、再度新車の購入を検討したいはずです。

 

そんなときに、この特約が付いていれば200万円を手にすることができます。

 

とても価値のある特約だと思いませんか?

 

条件としては、

 

  • 事故によって車が全損した場合
  • 損害額が契約時に設定した新車価格相当額の50%以上になった場合

 

に限ります。

 

分かりやすくいえば、「修理するのが難しいくらい車が損傷している」かどうかです。

 

ファミリーバイク特約

 

この特約は、記名被保険者やその家族(配偶者、同居の親族、別居の未婚の子)がバイクに乗ることがある場合に便利です。

 

まずは対象になるバイクの種類についてご案内いたします。

 

  • 排気量125cc以下の二輪バイク
  • 排気量50cc以下の三輪バイク

 

一般的に言われている「原付」は、排気量50cc以下のバイクのことなので、もちろん対象になっています。

 

次に、タイプについてご案内いたします。

 

主に、2つのタイプがあります。

 

1つ目は、人身型です。

 

このタイプは、契約している自動車保険の人身傷害保険と同様の補償になっています。

 

2つ目は、自損型です。

 

このタイプは、「自損事故のみ」補償されます。

 

その分保険料は安いですが、とても不安が残る補償内容です。

 

ですので、人身型への加入をお勧めします。

 

今後の特約について

 

多くの特約は、時代の変化に伴い日々保険会社によって考えられています。

 

近い将来、自動運転の実現によってどんな特約が作られるのでしょうか?

 

もしかしたら、特約よりも「自動運転割引」が先かもしれませんね。

 

 

まとめ

特約とは

 

  • 多くの保険会社で共通している特約が重要

 

  • 弁護士費用特約で泣き寝入りを回避

 

  • 個人賠償責任補償特約で日常の賠償事故を補償

 

  • 対物超過修理費用特約で修理費をカバー

 

  • 車両新価保険特約で新車での事故を最大限補償

 

 

「保険料の節約」してみませんか?

「特約」について納得していただける記事内容でしたでしょうか?

 

少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

 

保険をすべて理解することは難しいですが、疑問に思っていることを解決したり、少しでも知識を得ることが、保険料の節約につながる場合があります。

 

必要な補償のための保険料ならいいのですが、不必要な場合はムダになります。

 

また保険の自由化により、まったく同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

 

このような事実から考えてみても、一度契約中の保険の内容を見直す価値は十分にあります。

 

さらにいえば、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことも必要になるかもしれません。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

タグ: 

カテゴリ:補償 



カテゴリー




ページの先頭へ