自動車保険の節約 本当の意味 勘違いしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

「自動車保険を安くする」のは簡単です。

 

なぜなら「補償を削ればいいだけ」だからです。

 

しかし削ることだけを考えた場合、保険として万が一のときに助けてくれるでしょうか?

 

これを解決するためには、保険料と補償のバランスの両面から考えていくことがとても大切です。

 

それでは、「節約」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

節約重視の考え方

 

節約できることがあれば、誰でもしたいと思うのが普通です。

 

そして、その額が大きければ大きいほど満足度は高くなっていきます。

 

それに該当する一つとして「自動車保険の節約」があります。

 

毎年(もしくは毎月)の支払いがガクンと安くなれば、嬉しい限りです。

 

実は、保険料を安くすることだけを考えるのはとても簡単です。

 

なぜなら、「補償される金額を減らす」か、「補償範される範囲を狭くする(もしくはなくす)」だけだからです。

 

でもこれが行き過ぎてしまうと、保険料を払っている意味がなくなってしまう場合があります。

 

つまり、「保険料の節約と補償の充実とのバランス」がとても大事になってきます。

 

バランスを保ちつつ、節約する方法はないのか?

 

保険は本来、万が一のことがあったときに助けてくれるものです。

 

ですので、安くすることだけにとらわれることはお勧めできません。

 

でも安くしたいと誰もが思うことです。

 

上手い方法はないのでしょうか?

 

ここで、視点を変えてみたいと思います。

 

まずは、現在加入している保険会社を一度変えてみるというのはどうでしょうか?

 

「長年お世話になっているので、変えるのは抵抗がある」

 

「契約など面倒なことをすべてお任せしていた」

 

と考える方もいらっしゃると思います。

 

そんな理由から、保険会社を変えることはそうすんなりできないことかもしれません。

 

しかし、今はネット社会です。

 

ネットを使えば、それほど面倒であったり大変なことはありません。

 

なぜなら、大抵のことはネットで解決することができるからです。

 

次は、補償内容を変えることです。

 

具体的には

 

年齢条件や運転者限定

 

人身傷害保険

 

搭乗者傷害保険

 

車両保険

 

特約

 

などです。

 

一つ一つの内容は個々によって違いがあるので、よく考える必要があります。

 

また、自分にとってどれが必要な補償でどれがなくても問題ない補償なのかが分からないため、不安でなかなか先に進めない方も多いと思います。

 

そんな方は、詳しい内容がリンク先に載っていますので参考にしてみてください。

 

きっと補償内容が理解でき、不安がなくなると思います。

 

「ムダをなくす」考え方であれば、万が一のことがあったときに助けてくれない保険にはならないはずです。

 

保険料の節約には、色々と考える必要があります。

 

一見面倒ではありますが、「色々と考えてこなかったから高い保険料を払い続けてきた」と言い換えることができます。

 

つまり、現在加入している保険を、あまり考えずに決めてしまった内容であればあるほど、保険料を節約することができるはずです。

 

 

まとめ

  • 保険料の節約と補償のバランスが大事

 

  • 現在加入している保険会社を変える

 

  • 補償内容を変える

 

  • 考えていなかった→高い保険料を払ってきた

 

 

「さらに節約」してみませんか?

節約できることの1つとして紹介してきましたが、もっと根本的に節約できる方法があります。

 

それは、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことです。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



カテゴリー




ページの先頭へ