車両保険の必要性と免責や特約についてすべて知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ひとたび事故を起こしてしまえば、車両の損害は免れません。

 

このことから、車両保険の必要性は高いことが分かります。

 

また、車両保険の仕組みは複雑で特約も多いです。

 

よって、必要な補償を選択することが節約につながります。

 

それでは、「車両保険」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

車両保険とは?

 

契約車両が、事故等により損害を受けた場合に補償する保険のことです。

 

事故を起こしてしまった場合、ほぼ確実に車に何らかの損傷が発生します。

 

それを保険金を受け取ることで修理したり、もしくは新しい車の購入資金に当てたりします。

 

基本的には修理する(損傷の状態によっては買い替え)意思がある方が車両保険に入っています。

 

逆に言えば、修理するつもりがない(乗り潰す)方は、入っていないことが多いです。

 

車両保険には3つのタイプがあります

 

補償の範囲が限定されている順に整理したいと思います。

 

(保険会社によって商品名が違いますが内容は共通しています)

 

「車対車」

 

簡単にいうと、「車との事故で相手側が確認できた場合」の損害が補償されます。

 

つまり当て逃げ、単独事故、自損事故は補償されません。

 

(車との事故に限定されるため)

 

当て逃げは、後日相手が特定できる可能性があるため、警察への届け出を忘れないようにしてください。

 

もちろん災難による車の損害も補償されません。

 

特徴としては、一番補償の範囲が限定されているため、保険料が安いです。

 

「車対車+A」

 

Aとはaccident(災難)の頭文字を表しています。

 

このことから、先ほどの車対車に災難による損害が追加された補償内容になっています。

 

ここでいう災難とは、台風、竜巻、雪、雷、洪水、高潮、石などの飛来・落下、盗難、いたずらを指します。

地震、噴火、津波による自然災害は免責となっている保険会社が多いです。(特約として補償する保険会社もあります)

 

「一般」

 

簡単にいうと、車の損害をすべて補償します。

 

つまり、上記の2つでは補償されなかった当て逃げ、単独事故、自損事故が補償されます。

 

ただし補償範囲が広い分、保険料は高くなります。

 

3つのタイプの補償内容を簡潔にまとめます。

 

「車対車」は車との事故で相手側が確認できた場合のみ補償。当て逃げ、単独事故、自損事故及び、台風、竜巻、雪、雷、洪水、高潮、石などの飛来・落下、盗難、いたずらなどの災難は補償されない。

 

「車対車+A」は台風、竜巻、雪、雷、洪水、高潮、石などの飛来・落下、盗難、いたずらなどの災難を追加補償。当て逃げ、単独事故、自損事故は補償されない。

 

「一般」は当て逃げ、単独事故、自損事故を追加補償。(車の損害をすべて補償)

 

車両保険金額はいくらにするべきか?

 

車の年式や型式(グレード)によって、車両保険金額はある程度決まっています。

 

この「ある程度」とは「幅がある」を指しています。

 

一般的に車両保険金額は、付属品(カーナビ)の金額を足して計算します。

 

保険料と相談して、最大額にしてもいいし最少額にしてもいいと思います。

 

車両保険の免責金額

 

車両保険の免責金額とは、車両保険を使う際の自己負担額のことです。

 

例えば(0-10)とは、保険契約期間の1年間において保険を使った場合に、1回目は自己負担額0万円、2回目は自己負担額10万円という意味です。

 

この免責額の設定は、大きければ大きいほど保険会社の負担額が減るため保険料が安くなります。

 

車両保険を付けたいけど保険料が高すぎる場合は、免責金額を多めにすることで保険料をかなり抑えることができます。

 

車対車の事故の場合、相手側から免責金額以上の保険金を受け取ることも多いため、自己負担額が発生しない場合もあります。

 

全損の場合は適用されず、自己負担額は発生しません。

 

車の故障は車両保険の対象外?

 

車の故障(エンジントラブル、車の欠陥、腐食、さび、磨滅部品の消耗、タイヤのパンク)は車両保険の対象外です。

 

対象外の理由としては、車の故障は損害とはいえないからです。

 

等級ダウンの仕組み

 

車両保険を使うと、翌年の契約時に3等級ダウンします。

 

ただし台風、竜巻、雪、雷、洪水、高潮、石などの飛来・落下、盗難、いたずらなどの災難で使った場合は1等級ダウンとなります。

 

*等級についてはさらに詳しくは下記の記事を参考にしていただければと思います。

 

等級制度をきちんと理解していないことで損していませんか?

 

車両新価保険特約

 

この特約は、車両保険に加入していてかつ、契約の車両が初年度登録から1~5年以内(保険会社によって幅があります)に限ります。

 

通常車両保険額は時価額によって決められます。

 

この時価額は年々下がってしまいます。

 

例えば、200万円(車両本体価格)で購入した車に200万円の車両保険を付けていたとします。

 

保険は1年契約の場合が多いので、1年後に契約する際には150万円しか付けられない場合もあり得ます。

 

仕組みは納得できると思います。

 

年数が経てば価値がなくなっていくのは当然です。

 

では、この価値がしばらくの間下がることなく200万円をキープできるとしたらどうですか?

 

つまり、車両新価保険特約の期間中はずっと200万円が車両保険額ということです。

 

新車を購入する方は、新車に価値を持っています。

 

あってはならないことですが、もし大きな事故を起こし車が大破してしまった場合、再度新車の購入を検討したいはずです。

 

そんなときに、この特約が付いていれば200万円を手にすることができます。

 

とても価値のある特約だと思いませんか?

 

条件としては、

 

  • 事故によって車が全損した場合
  • 損害額が契約時に設定した新車価格相当額の50%以上になった場合

 

に限ります。

 

分かりやすくいえば、「修理するのが難しいくらい車が損傷している」かどうかです。

 

車両無過失事故特約

 

この特約は、自分にまったく過失がない事故により車両保険を使った場合、等級ダウンしない内容になっております。

 

例としては、「停止中に追突された」「信号無視による事故」「センターラインオーバーによる事故」「当て逃げ」などがあります。

 

地震・噴火・津波特約

 

この特約は、地震・噴火・津波により全損となった場合、定額で50万円支払う内容になっております。

 

近年、地震に対しての関心が高くなってきたため、年々加入率が増えています。

 

ただし、ダイレクト型にはない場合が多いです。

 

車両保険を付けるべきか迷っている方へ

 

まず率直にいえることとして、車両保険は自動車保険料に占める割合がとても大きいことです。

 

ですので、迷って当たり前です。

 

少なくとも迷っているということは、車に価値があるからだと思います。

 

車の価値>保険料を払うであろう総額

 

が成り立っている場合のはずです。

 

次に考えることとして、車両保険をどのタイプにするかです。

 

すべての場合を補償するタイプか限定するタイプかで迷うと思います。

 

この2つのタイプの大きな違いは、単独事故・当て逃げ・相手が分からない車対車の衝突を補償するかしないかです。

 

特に、単独事故は運転初心者に多い事故ですので、今の自分の状況をしっかり考えてみてください。

 

最後に、保険という商品はとても複雑です。

 

多くの方は、お世話になる(保険金を受け取る)ことがありません。

 

よって、保険料を払い続けて損をしたような感情になることも少なくありません。

 

一方、事故を起こしてしまった(保険金を受け取った)ときは、本当にありがたみを感じます。

 

保険で儲けることは、詐欺行為しかありえませんので、上記のことは十分理解できます

 

では、この複雑な感情はどうすればいいのでしょうか?

 

保険とは、「万が一のときに困らないため」と考えます。

 

たとえお世話になることがなかったとしても、それはそれで「何もなくてよかった」と思えることでしっくりくると思います。

 

迷っている方の少しでも参考になれたのなら幸いです。

 

 

まとめ

車両保険とは

 

  • 契約車両が損害を受けた場合に補償

 

  • 3つのタイプがある

 

  • 補償金額は付属品の金額を足す

 

  • 免責額を多めにすると保険料を抑えられる

 

  • 故障は対象外

 

  • 保険を使うと3等級ダウン

 

  • 車両新価保険特約、車両無過失事故特約がある

 

  • 自動車保険料に占める割合が高い

 

 

「保険料の節約」してみませんか?

「車両保険」について納得していただける記事内容でしたでしょうか?

 

少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

 

保険をすべて理解することは難しいですが、疑問に思っていることを解決したり、少しでも知識を得ることが、保険料の節約につながる場合があります。

 

必要な補償のための保険料ならいいのですが、不必要な場合はムダになります。

 

また保険の自由化により、まったく同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

 

このような事実から考えてみても、一度契約中の保険の内容を見直す価値は十分にあります。

 

さらにいえば、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことも必要になるかもしれません。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的な補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

(単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



カテゴリー




ページの先頭へ