車両保険はどこまで補償される?台風・地震・洪水・高潮・火災などすべての場合に答えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

交通事故による車の損害は「車両保険」で補償されることはご存知だと思いますが、台風・地震・洪水などの自然災害はしっかり補償されるのでしょうか?

 

実際のところ、自然災害による損害を被ってはじめて保険金を受け取れるのか不安になるものです。

 

何か特別な条件があるのか、例えば「台風による被害の中で浸水と土砂崩れでは補償に違いがあるのか」などの不安です。

 

そんな不安を解消するため、車両保険と自然災害による損害の関連性について詳しく調べました。

 

それでは、「車両保険はどこまで補償される?台風・地震・洪水・高潮・火災などすべての場合に答えます」について一つ一つ順を追って進めていきたいと思います。

 

はじめに

 

まずは結論から始めたいと思います。

 

車両保険の種類や特約に加入しているかによりますが、台風・地震・洪水・高潮・火災はすべて補償されます。

 

ただし、上限額や条件があるので保険で損害のすべてをまかなうのは難しいのが現状です。

 

また、保険金受け取り後の保険更新時には保険料が上がるため、保険を使うか使わないかは慎重に決める必要があります。

 

すべての自然災害による保険の扱いは1等級ダウン事故(通常は3等級ダウン事故)となるため、等級が進んでいる方は保険を使ってください。

 

保険を使うか使わないか迷っている方はコチラ

 

*車両保険は「一般」と「車対車+A」の2つの種類があります。

 

台風・竜巻・洪水・高潮・火災の補償

 

台風によって引き起こされた大雨による洪水や高潮、暴風や竜巻、さらには雪や雷、土砂崩れなどで契約車両に損害が生じた場合、車両保険でしっかり補償されるのでしょうか?

 

また、火災による損害も補償されるのでしょうか?

 

安心してください。

 

「一般」と「車対車+A」のどちらの契約内容であっても補償されます。

 

ただし、支払われる保険金は保険証券に記載されている「車両保険金額」が上限です。

 

*注意(免責について)

「免責金額(1回目ー2回目以降)」がありますが、例えば(0-10)の場合、車両保険金額が50万円のときは1回目は50万円の保険金が支払われますが、2回目以降(1年契約の保険期間内に)は10万円引いた40万円が支払われることになります。

 

*免責についてさらに詳しくはコチラ

 

地震・噴火・津波の補償

 

地震による損害、噴火による損害、そして津波による損害についても車両保険でしっかり補償されるのでしょうか?

 

残念ながら車両保険では補償されません。

 

つまり、「一般」と「車対車+A」のどちらの契約内容であっても補償されません。

 

ですが、「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」をつけることで補償することができます。

 

(上記特約は東京海上日動の名称です)

 

ただ、保険会社によっては特約がないこともあります。

 

地震による損害の補償を必要としている方は、まず保険会社から考えてください。

 

代理店型の保険会社ならありますが、ダイレクト型ではアクサダイレクトのみです。

 

また、車両保険の「一般」に加入していることがこの特約を付ける条件のため、総合的に保険料はかなり高くなります。

 

(この特約を付けたことによる保険料の増加は月500円以下です)

 

補償内容としては、地震・噴火・津波により契約車両に損害が生じ全損となった場合に1回の事故において50万円が支払われます。

 

全損の定義ですが、約款に詳しく書いてはあるのですが分かりにくので一言でいえば「走行できない(走行してはいけない)状態」のことです。

 

また、流失や埋没して発見されない、もしくは全焼した場合でも保険金は支払われます。

 

*地震保険についてさらに詳しくはコチラ

 

さいごに

 

近年、交通事故による車両保険の支払い件数は減少傾向にある一方、自然災害による支払い件数は増加傾向にあります。

 

原因として、台風の発生回数が増えたり規模が大きくなったことや、震度6以上の大きい地震が頻発していることがあげられます。

 

そんな中、大きな損害を被ったことによって保険料を払い続けることが難しくなった方もいると思います。

 

ですが、生活環境によってはどうしても車が必要な場合もあると思います。

 

もし、ダイレクト型の保険会社に加入していない場合(代理店型の保険会社に加入している)は一度「保険会社の見直し」を検討してみてください。

 

ダイレクト型の保険会社に変更することでかなり保険料を節約できます。

 

*ダイレクト型についてさらに詳しくはコチラ

 

また、被害状況によっては新しく車を買い替えない場合もあると思います。

 

そんな時もしかしたら「支払われる保険金は車にしか使えない?」と思う方もいるかもしれません。

 

安心してください。

 

支払われる保険金の使い道は自由です。

 

車以外の必要なことに充ててください。

 

では最後に肝心の「保険金の支払い」についてですが、保険会社によって大きく対応が異なります。

 

大手であればあるほど原則対応は早いです。

 

また、過去に例のないような大きな災害のときも対応は早いです。

 

なぜなら、保険会社にとって「保険金の支払い」は顧客の今後の保険継続に大きくかかわることだからです。

 

 

まとめ

台風・地震・洪水・高潮・火災は車両保険でどこまで補償されるのか?

 

  • 台風・竜巻・洪水・高潮・火災の補償は「一般」と「車対車+A」のどちらの契約内容であっても補償される。

 

  • 地震・噴火・津波の補償は「一般」と「車対車+A」のどちらの契約内容であっても補償されない。

 

  • 地震・噴火・津波の補償は「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」をつけることで補償される。

 

 

「保険料の節約」してみませんか?

「車両保険はどこまで補償される?台風・地震・洪水・高潮・火災などすべてのケースに答えます」について納得していただける記事内容でしたでしょうか?

 

少しでもお役に立てたのでしたら幸いです。

 

保険をすべて理解することは難しいですが、疑問に思っていることを解決したり、少しでも知識を得ることが、保険料の節約につながる場合があります。

 

必要な補償のための保険料ならいいのですが、不必要な場合はムダになります。

 

また保険の自由化により、まったく同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

 

このような事実から考えてみても、一度契約中の保険の内容を見直す価値は十分にあります。

 

さらにいえば、更新を機に保険会社を変えることを前提に加入中の保険を見直すことも必要になるかもしれません。

 

更新時であれば、保険会社を変えても等級が1つ進んだ状態で継続することができます。

 

ネットが普及することで、自動車保険会社は一気に増えました。

 

どの保険会社も基本的や補償内容は共通していますが、特約や保険料などに違いがあります。

 

では、多くの保険会社の中からどの保険会社にすれば効率良く節約できるのでしょうか?

 

以下にまとめてみました。

 

まずは、保険会社ごとの違いを一つ一つ比べる第一歩として自動車保険無料一括見積もりサイトを利用します。

 

目的は補償内容を同条件にして単純に保険料だけを比較することです。

 

実はこれだけでも保険料に差が出ます。

 

*サイトによって見積もりできる保険会社が違いますので、なるべく多くの保険会社と比較したい方は2つ以上のサイトで見積もりを出すことをお勧めします。

次に、見積もりを出した数社の中から3~5社ほどに絞ります。

 

(単純に保険料の安い順でいいと思います)

最後に、会社の規模・補償内容・保険料の総合評価で最終的に契約する1社に絞ります。

 

最後については吟味する必要がありますが、そもそもは保険料が元になっていますので、見積もりを取ることはとても重要です。

 

また、見積もりを取ることで自分の保険料の相場を知ることができます。

 

節約を重視しすぎて補償を削りすぎるのはお勧めできませんが、相場を知ることでむやみに安い保険料に走ることもなくなるはずです。

 

ムダな保険料を払う必要は一切ありません。

 

根本的な節約から始めてみませんか?

 

無料一括見積もりサイトランキング

保険の窓口「インズウェブ」

保険に詳しくなくとも入力ナビで簡単見積もり!

見積もりができる提携保険会社数は業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。保険用語がよく分からない方のために、必要項目の入力ごとに詳しい解説や分かりやすい図が載っています。ですので自分に合った補償内容で見積もりすることができます。また利用者数900万人は信頼の証です。会社は大手のSBIグループなので安心できます。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
SBIHD(株) 最大22社 満期日まで91日以上の場合
保険スクウェア「bang!」

簡単3ステップ 入力もたった3分!

見積もりができる提携保険会社数は、業界トップクラスです。もちろんダイレクト系の保険会社も網羅しています。必要項目の入力の際は、詳しい解説や分かりやすい図があるため迷うこともありません。また、ホームページが充実しており、分からないことがあっても大抵のことは調べて解決できます。さらに、満期日を知らせてくれるサービスがあるので利用後も安心です。

■商品名
運営会社 見積もり社数 見積もり制限
(株)ウェブクルー 最大18社 満期日まで91日以上の場合

まだまだ保険のことがよく分からない

ここまでの内容を理解し無料一括見積もりの存在を知ったものの、まだまだ不安や疑いがあったり、保険自体がよく分からなくて悩んでいる方のためにコチラでさらに詳しくご案内致します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング



人気の投稿とページ
カテゴリー




無料メール登録

メールアドレスを登録すれば、ブログ更新のお知らせをメールで受信できます。

ページの先頭へ